ミライズコラム

MIRISE COLUMN

税務

税務

先端設備等導入計画の認定制度が始まりました

平成30年4月から「先端設備等導入計画の認定」という制度が開始されました。

簡単に言うと、
・生産性を向上させる設備(新品)を取得すること。
・その設備が生産性向上に資するという証明書をメーカーからもらうこと。
・その設備を導入してどのぐらい生産性をUPさせるかを記載した計画書を市役所に提出し、市役所から認定をもらうこと。

以上の要件を充たせば設備導入から3年間は固定資産税が0円となります。

(補足)
意外と知られていませんが固定資産税は土地・建物だけではなく機械装置、備品にも課税されています。
名目は「償却資産税」で固定資産税と一緒に納付する必要があります。
この制度を適用するかどうかは各地方自治体の任意でしたが、先日三重県鈴鹿市をはじめ、近隣の津市、四日市市、亀山市も正式にこの制度を適用することを公表しました。
よって、今後新規の設備投資を行う際はこの「固定資産税0円」が適用可能かどうかの判断をしていく必要があります。
気を付けなければならないのは、この制度を活用するための計画の認定は設備取得前に行う必要があるという点です。
設備取得後では遅いので、弊社でのご支援を希望される場合には、見積もり段階で弊社までご連絡下さい。

また、この制度を適用できる設備であれば、法人税法上の「経営力向上計画の投資減税」を受けることも可能なケースが多いです。
法人税法上の減税は、その投資金額の全額を投資年度の費用とすること、またはその投資金額の10%法人税を減額することが可能です。

固定資産税は0円、法人税は減額という両得な制度ですから、是非活用していただければと思います。
設備投資を考えられている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

MIRISE COLUMN

ミライズコラム

税務

税務

経営力向上計画は実施期間満了前に手続きが必要です

税務

税務

源泉所得税・住民税の納付に便利な制度はご存知でしょうか

経営

経営

生産性向上特設サイトのご紹介

その他

その他

中小企業庁による無料ウェブ等研修サービスのご紹介

税務

税務

先端設備等導入計画の認定制度が始まりました

経営

経営

福利厚生としてのiDeCoの活用

経営

経営

省エネルギーセンターによる省エネ支援サービスのご紹介

経営

経営

県のよろず支援拠点に人手不足対応アドバイザーが配置されました

経営

経営

小規模事業者の人手不足対応について

事業承継

事業承継

事業承継税制の特例措置

経営

経営

既存の業務フローを見直してみませんか?

経営

経営

金融機関による事業性評価

経営

経営

内閣府 プロフェッショナル人材事業のご案内

経営

経営

効果的な広告宣伝とは?

税務

税務

書面添付制度を活用しませんか?

経営

経営

経営者が個人保証を提供しなくても借入ができる可能性があります

確定申告

確定申告

医療費の領収書を添付しなくてもOKになるようです

経営

経営

新規取引先を開拓してみませんか?

会計

会計

認定支援機関による早期経営改善計画策定支援事業のご案内

会計

会計

社会福祉法人への財務会計に関する内部統制に対するご支援

経営

経営

中小企業支援施策がまとめられたリーフレットが作成されました

経営

経営

個人情報保護法の改正

税務

税務

タワーマンションで相続税対策..?

PAGE TOP

CONTACT US

お問合せ

各種サービス、料金、その他、日常業務で
抱えられているお悩みも
お気軽にお問合せください。

お電話での受付時間: 平日 9:00~17:00

059-381-3900

お問合せフォーム