ミライズコラム

MIRISE COLUMN

事業承継

事業承継

事業承継税制の特例措置

平成30年度税制改正で、2018年1月1日から2027年12月31日までの10年間の時限措置として、事業承継税制に特例措置が設けられました(現行制度との選択適用)。
事業承継税制は、非上場会社の株式等を先代経営者から相続または贈与により取得した場合において、経営承継円滑化法における都道府県知事の認定を受けたときは相続税・贈与税の納税が猶予される特例制度ですが、今回の改正では、下記のとおり従来の要件を大幅に緩和し、利便性を高めるものとなっています。

【特例措置の内容】
① 対象株式数の上限が撤廃(現行は2/3)され、相続税の猶予割合が100%に拡大(現行は80%)されることにより、承継時の贈与税・相続税の現金負担がゼロとなります。
② 親族外を含む複数の株主から、代表者である後継者(最大3人)への承継も対象となります。
③ 制度利用の要件である雇用要件(事業承継後5年間平均で雇用の8割を維持)を満たせなかった場合でも、一定の書類提出により納税猶予の継続が可能となります。
④ 贈与・相続から5年超が経過し、経営環境が変化して株価が事業承継時よりも下落している場合に、納税額を再計算して差額を減免することが可能となります。

ただし、これらの特例を受けるためには、2023年3月31日までに、都道府県から特例認定承継会社としての認定を受けるための特例承継計画を作成・提出し、2027年12月31日までに事業承継を行わなければなりません。
なお、計画を作成・提出して認可を受けたものの期間内に贈与・相続が行われなかった場合でも罰則はありませんし(現行制度の適用は受けられます)、また、期間内であれば計画を作成してから事業承継までに期間が空いても特例適用が可能です。

都道府県へ提出する特例承継計画には、認定経営革新等支援機関の指導・助言が必要となっていますし、弊社では、その他の事業承継の悩みにも対応させていただいておりますので、事業承継をご検討されている方や事業承継に関してなんとなく不安を感じられている方は、お気軽にお問い合わせください。

MIRISE COLUMN

ミライズコラム

税務

税務

経営力向上計画は実施期間満了前に手続きが必要です

税務

税務

源泉所得税・住民税の納付に便利な制度はご存知でしょうか

経営

経営

生産性向上特設サイトのご紹介

その他

その他

中小企業庁による無料ウェブ等研修サービスのご紹介

税務

税務

先端設備等導入計画の認定制度が始まりました

経営

経営

福利厚生としてのiDeCoの活用

経営

経営

省エネルギーセンターによる省エネ支援サービスのご紹介

経営

経営

県のよろず支援拠点に人手不足対応アドバイザーが配置されました

経営

経営

小規模事業者の人手不足対応について

事業承継

事業承継

事業承継税制の特例措置

経営

経営

既存の業務フローを見直してみませんか?

経営

経営

金融機関による事業性評価

経営

経営

内閣府 プロフェッショナル人材事業のご案内

経営

経営

効果的な広告宣伝とは?

税務

税務

書面添付制度を活用しませんか?

経営

経営

経営者が個人保証を提供しなくても借入ができる可能性があります

確定申告

確定申告

医療費の領収書を添付しなくてもOKになるようです

経営

経営

新規取引先を開拓してみませんか?

会計

会計

認定支援機関による早期経営改善計画策定支援事業のご案内

会計

会計

社会福祉法人への財務会計に関する内部統制に対するご支援

経営

経営

中小企業支援施策がまとめられたリーフレットが作成されました

経営

経営

個人情報保護法の改正

税務

税務

タワーマンションで相続税対策..?

PAGE TOP

CONTACT US

お問合せ

各種サービス、料金、その他、日常業務で
抱えられているお悩みも
お気軽にお問合せください。

お電話での受付時間: 平日 9:00~17:00

059-381-3900

お問合せフォーム